市販 頭痛薬 強さ

市販の頭痛薬の強さは?あなたの飲んでいるクスリ大丈夫?

市販の頭痛薬の強さを知って、クスリを飲んでるでしょうか?

 

普通は、市販の頭痛薬は、飲んでみて効くか・効かないか、
自分の体質にあう・あわないといった基準で選んでますよね。
偏頭痛 頭痛薬 効果ない

 

ですが、本来は偏頭痛の重さによって、
頭痛薬は分けて飲んだほうがいいです。

 

というのも、偏頭痛で強い頭痛薬を飲み続けると、
薬物乱用頭痛」になってしまうからです。

 

薬物乱用頭痛とは、強い頭痛薬を飲み過ぎたために、
どんな頭痛薬の種類でも、頭痛がおさまらなくなるという恐ろしい状態になります。

 

頭痛薬の飲み過ぎの基準としては、市販の頭痛薬を毎月15回以上、
3ヶ月以上続けていると、薬物乱用頭痛になりやすいとされてます。

 

偏頭痛は、市販の頭痛薬では根本改善しないことを分かった上で、
一時しのぎとして飲んでください。

 

特に、最近の市販の頭痛薬は、頭痛を抑えるために、
複数の頭痛改善する成分を入れており、危険度が高まっています。

 

そのため、偏頭痛がするから、ひとまず頭痛薬を飲んでその場は
収まっても、また次の偏頭痛で頭痛薬を飲んでいると、悪循環になるのです。

 

ですので、偏頭痛が続くときは、偏頭痛にならないような習慣、体質にして
偏頭痛を根本的な原因から直していっていただいたいです。

 

市販の頭痛薬の強さは?

 

1.効き目強い・体への負担が強い 頭痛薬

  • ロキソニンS(第一三共ヘルスケア)ロキソニンS(第一三共ヘルスケア)

    痛み止めでは市販の薬ではダントツの効果があります。
    歯痛での痛みもロキソニンが処方されるほど
    痛み止めの効果が高いです。

     

    第一類医薬品のため、薬剤師が不在だと購入できません。(スイッチOTCと言います)

     

    その反面、胃を荒らしたり、体への負担があるので飲み過ぎは注意です。

     

    ロキソニンの副作用は強い場合があり、胃潰瘍・十二指腸、肝臓病・腎臓病など胃腸、肝臓、腎臓の病気がある方は飲まないようにしてください。

     

    厚労省でも「重大な副作用」があると発表しています。
    胃を傷めるだけでなく、小腸・大腸の狭窄・閉塞(腸が狭くなる・塞がってしまう状態)の副作用も追加しました。

     

    ロキソニンは、胃粘膜を荒らすのを防ぐ薬を飲むことをおすすめします。

  •  

  • ロキソプロフェン(クニヒロ)ロキソプロフェン

    ロキソプロフェンは、ロキソニンにジェネリック薬です。(特許が切れて他の製薬メーカが発売している)

     

    そのため、ロキソニンの主成分「ロキソプロフェンナトリウム水和物」が同じで、ロキソニンとほぼ同等の強さがあります。

     

    ロキソニンの副作用が問題になってから、ロキソプロフェンという別名で頭痛薬・痛み止めとして人気になっているようです。

     

    ロキソプロフェンは、「ロキソニンS」同様に、服用には注意が必要です。

     

  • バファリンプレミアム(ライオン)バファリンプレミアム

    バファリンから鎮痛成分がアスピリン系から、イブプロフェンとアセトアミノフェンの2つに変更になっています。
    バファリンとバファリンプレミアムは、違う薬と思っていいでしょう。

     

    リン酸二水素カリウムにより、胃腸でイブプロフェンが溶けやすく、即効性が高い薬になっています。
    15歳未満のお子さんには、飲ませないように注意して下さい。

  •  

  • イブクイック(エスエス製薬)イブクイック(エスエス製薬)

    イブプロフェンにより痛みを抑えます。アリルイソプロピルアセチル尿素・無水カフェインが鎮痛効果を高めています。

     

    アスピリンより強いですが、胃の負担が少ないです。ただ、喘息持ちの方は副作用が出やすいので注意です。

 

2.効き目やや強い・体への負担やや強い 頭痛薬

  • バファリン(ライオン)バファリンA錠

    アスピリンにより痛みを抑えます。
    痛み止めの強さもあるため、体への負担(胃腸の荒れ等)があります。

     

    15歳以下の子供には、副作用が出ることがあるので、
    小児用バファリンなどを飲んでください。

  • バイエルアスピリン(佐藤製薬)バイエルアスピリン(佐藤製薬)

    アスピリン(アセチルサリチル酸)による痛み止めで、
    注意事項などはバファリンとほぼ同様です。

 

3.効き目やや強い・体への負担少ない 頭痛薬

     

  • タイレノール(ジョンソンエンドジョンソン)タイレノール(ジョンソンエンドジョンソン)

    アセトアミノフェンにより痛みを抑えます。
    胃腸への負担など、体への負担が少ないです。ただ、飲み過ぎると、強い毒性を持つこともあります。
    風邪薬と一緒に飲むと許容量を超えることもあるので、注意してください。

  • セミドン顆粒(全薬工業)セミドン顆粒(全薬工業)

    イソプロピルアンチピリンにより痛みを抑えます。
    痛み止めの効果は高めで、ロキソニンの次に強い薬です。
    セミドンには、アセトアミノフェンが配合されていて痛み止めの効果が高くなっています。

     

    ただし、風邪薬でじんましんなどになる「ピリン系アレルギー」の方は飲めません。
    ピリン系とは、イソプロピルアンチピリン、スルピリンといった成分が配合されている薬です。

  • セデス・ハイ(塩野義製薬)セデス・ハイ(塩野義製薬)

    イソプロピルアンチピリンにより痛みを抑えます。

     

    セミドン同様、アセトアミノフェンが配合されていて効果が高いです。
    アセトアミノフェンの配合量を比較すると、セミドンよりセデス・ハイの方が少し弱めです。

  • ノーシン(アラクス)ノーシン(アラクス)

    エテンザミドにより痛みを抑えます。
    アスピリンの強さとほぼ同じですが、胃腸への負担が少なく、
    15歳以下の子供でも服用が可能な頭痛薬です。

 

いずれの市販の頭痛薬も、偏頭痛は治らないので、
強い頭痛薬の飲み過ぎは注意してください!

 

偏頭痛の痛みがなくなった体験談はコチラへ

 

偏頭痛の頭痛薬の種類は3種類

 

普通の頭痛と、偏頭痛で処方されるクスリは同じではありません。
偏頭痛で処方される・市販されている頭痛薬の種類は次の3種類があります。

 

(1)非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)、非ピリン系鎮痛解熱剤
(2)トリプタン製剤
(3)エルゴタミン製剤

 

市販の頭痛薬は、(1)の非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)、非ピリン系鎮痛解熱剤です。
(2)トリプタン製剤は、病院での処方が必要で、

 

(3)エルゴタミン製剤は、現在はあまり使われてなく、
(1)(3)が効きづらい方に処方されるクスリです。

 

市販の頭痛薬の(1)NSAIDs・非ピリン系鎮痛解熱剤は、
痛みの元になる物質を抑えて頭痛を和らげます。

 

市販の頭痛薬に入っている炎症・鎮痛作用の成分は、
それほど強くはないのですが、複数配合されていると強くなります。

 

飲む回数が増えてくると、効果が薄れてきて、
より効果が強い鎮痛作用のクスリを求め、最終的にはどのクスリも効かなくなるので
飲み過ぎには注意が必要です。

 

できたら、頭痛が軽い場合は、鎮痛成分が少ない頭痛薬を飲むようにすると
体に負担がなくなります。

 

アセトアミノフェンが配合されている頭痛薬は、早めに飲むほうが
効果が高いので、早めに飲んだほうがいいですね。

 

ただ、早く効く、良く効くという頭痛薬はそれ相応の体に負担がかかっていることを
忘れないようにしてくださいね。

 

<鎮痛成分が1種類のの頭痛薬> →効き目弱め・体に負担がない

  • イブ
  • バイエルアスピリン
  • タイレノールA
  • タイレノールFD
  • リングルアイビー
  • フェリア

 

<鎮痛成分が2種類以上の頭痛薬>→効き目強い・体に負担がある

  • バファリン

    バファリンA錠

  • バファリンプラス
  • イブA錠
  • 新セデス錠
  • ナロンエース
  • セデス

 

 

 

偏頭痛を根本的に改善する方法