偏頭痛 前触れ 対処法

偏頭痛の前触れの対処法は?知っているだけで予防できるコツとは

偏頭痛の前ぶれの対処法を知っておくと、キツイ痛みを予防できます。

 

偏頭痛は痛みだす前に、「前ぶれの症状」が現れることが多いです。

 

偏頭痛が起きる前の前ぶれの症状を、上手いタイミングで対処すると、痛みがヒドくなるんですね。

 

偏頭痛がヒドくなると、家に帰って眠らないと治らなかったりするので、対処法を身に着けておきたいです。

 

そこで、偏頭痛の前ぶれと対処策についてご紹介します。

 

偏頭痛の前兆の症状とは?

 

偏頭痛には前兆がある人とない人がいます。

 

個人差がありますが、頭痛前の症状をよく観察すると「前ぶれの症状」がおきていることがあります。

 

ですので、まずは偏頭痛の前ぶれの症状をチェックすることが大事です。

 

<偏頭痛の前ぶれの症状とは?>

  • 目がチカチカ、光がまぶしい

  • ニオイが気になる
  • あくびが出る
  • イライラしている、頭が重い
  • 手足のしびれ、動かしにくい

 

偏頭痛の前ぶれの症状で多いのは、「閃輝暗点」(せんき・あんてん)です。

 

閃輝暗点とは、目の前がキラキラしたり、透明な歯車のようなものが視野の中心から外側に広がります。

 

偏頭痛の原因になる脳の血管拡張が目の視神経に影響を及ぼすために、閃輝暗点が起きると言われています。

 

イメージとしては、カメラのフラッシュをたかれた瞬間だったり、直射日射をダイレクトに見てしまった時に視界がおかしくなるような感覚です。

 

閃輝暗点はそれほど害はありませんが、30分ほど続くので不快感があります。

 

その光が見えなくなった後に激しい頭痛に襲われます。

 

しかし偏頭痛の前兆は閃輝暗点だけではなく、他にも前兆や予兆と呼ばれる症状が出ることがあるのです。

 

あまり聞いたことがない方が多いと思いますが、偏頭痛には前兆期と予兆期と呼ばれる時期があります。

 

この予兆期には、あくびやイライラが止まらない(情緒不安定)、空腹感が伴います。

 

前兆期には閃輝暗点などなどの視覚異常や一時的に言葉が出にくい症状だったり、手足が痺れ動かしにくいなどの症状が出ることがあります。

 

偏頭痛の前ぶれの対処法とは?

 

偏頭痛の前ぶれの症状が出た時は、決まった「対処法」を行うと痛みを軽減・予防できます。

 

ただ、片頭痛の対処法は、個人差があるため、自分にあった対策をすることが大事です。

 

同じ偏頭痛でも、人によって原因が異なることがあるので、色々と対処法を試してみて頂きたいです。

 

<偏頭痛の前ぶれの対処法とは?>

  • チラミンを含む食品は避ける(チョコレート、チーズなど)

  • 深呼吸する
  • 偏頭痛のサプリ、薬を飲む

 

偏頭痛の前ぶれが起きた時は、偏頭痛のサプリや薬を飲むと良いです。

 

偏頭痛のサプリは、コチラのようなサプリを飲むことで、原因になる脳の血管拡張を抑えてくれます。

 

フィーバーフュー」(ナツシロギク)というハーブ成分は、古代ローマ時代から飲まれている偏頭痛予防のハーブで、安全性が高いです。

 

偏頭痛薬も前ぶれが起きた時に「とんぷく」として飲むといいです。偏頭痛薬は、ドラッグストアでは売っていません。医師の処方で購入ができます。

 

ただ、偏頭痛薬は「副作用」があります。副作用は、首・喉・胸などの圧迫感・締め付け、眠気・倦怠感など。

 

偏頭痛薬は飲み過ぎると「薬物乱用頭痛」が起きることが報告されています。ですので、偏頭痛薬の飲み過ぎは危険です。

 

また、「チラミン」という物質を含む食品を避けることも偏頭痛の予防になります。

 

チラミンを含む食品には、チョコレートやチーズ、赤ワインなどがあります。

 

このような食べ物を多く摂取している方は気を付けた方が良いかもしれません。

 

<偏頭痛を予防する対処法とは?>

 

できれば、偏頭痛の前ぶれが起きないような生活習慣をとるよう気をつけることも、予防になります。

 

ストレスをためている人や仕事に追われている人の中には偏頭痛で苦しんでいる人も少なく無いと思います。

 

偏頭痛の仕組みは脳の血管の一部が収縮することによって、血流が悪くなるため血管が広がる時に頭痛を感じます。

 

偏頭痛になってしまう原因は様々なものがありますが、主に「睡眠不足」「ストレス」は偏頭痛を招く大きな要因だと言えます。

 

睡眠不足や休日の寝だめなども偏頭痛を招く要因となるので、日頃の生活習慣を変えるだけで偏頭痛を抑えることができます。

 

女性の場合は、「生理」も偏頭痛の大きな原因となり、女性は月経と頭痛の関係が大きいと言われています。

 

もしも、月経時の偏頭痛に悩む方は女性特有の症状に合わせたサプリメントなどを服用すると症状が軽くなる場合があります。