脈打つ 頭痛 原因

脈打つ頭痛がする原因は?繰り返す痛みを改善するには

脈打つような頭痛の原因は、市販頭痛薬が効くかどうかで分かります。

 

脈打つ頭痛が、慢性的に続くとツライですよね。
時には、吐き気や痛みがヒドくなって、寝込んでしまう方もいます。

 

心臓の鼓動と一緒に、脈打つような痛みを感じることがあるなら、
「偏頭痛」の可能性があります。

 

偏頭痛とは、血管が拡張して、血管の周りにある
三叉神経を刺激することで頭痛がするとされています。

 

偏頭痛の本当の原因は、現在の医学でも解明されていませんが、
脳の興奮状態が、血管を拡張させて痛みが出るとされています。

 

<脈打つ頭痛はどんな痛みがある?>

 

脈打つような頭痛は「偏頭痛」が原因の場合が多いです。
偏頭痛の痛み方の症状は脈に合わせたような痛みが片側の頭に現れます。

 

脈に合わせてズキンズキンと痛みが走ったり、
心臓の鼓動のようにドクンドクンと痛むことがあります。

 

脈打つ頭痛の特徴は頭の片側や、こめかみ辺りに強い痛みを感じることが多いです。

 

稀に頭の両側に頭痛を生じる人も多く、
後頭部だけに集中して痛むこともあります。

 

日本人の約8%の人が偏頭痛に悩んでおり、
特に女性に多い頭痛として知られています。

 

偏頭痛は脈を打つような痛みなので動いたり走ったりしていると、
とても辛い症状が生じます。

 

痛みはひどくなると頭全体に広がり、頭が重くなりめまいが起きる時もあります。

 

痛みの長さは個人差がありますが、数時間で痛みが引いていく人もいる中、
長い人は数日間続く人もいるようです。

 

そのせいで仕事もできない、勉強が手につかないなどと
悩む人が多く生活にも影響が出てしまう頭痛です。

 

身体を動かすと痛みが強くなるので、1日中寝込んでしまう人もいます。
ヒドイ場合は吐き気や嘔吐をしてしまうこともありますので注意が必要です。

 

<偏頭痛の原因・痛みを止める方法は?>

 

偏頭痛の原因は、脳が過剰に興奮状態になり、
三叉神経が過剰に反応して痛みを発するためです。

 

そのため「偏頭痛持ち」の方は、脳が過敏に刺激されやすい体質に
なっていることも考えれます。

 

偏頭痛は起きる前に目の前で光がチカチカする、ニオイに敏感になる、
光が異様に眩しい、といった前ぶれの現象が起きます。

 

偏頭痛の前ぶれは、脳が過剰に反応しやすい過敏な状態になり、
偏頭痛が起きやすい脳・血管の状態になっていると考えれます。

 

偏頭痛の原因は頭部の血管が関係していて、
血管が開くことで炎症を起こして頭に痛みが発生するんですね。

 

そして何らかの刺激から顔面周辺の神経を動かしている、
三叉神経が刺激されることで偏頭痛が発生してしまうと言われています。

 

その働きで広がってしまった血管が神経を刺激するので、
脈打つようなドクドクとした痛みが出ます。

 

血管説の中には血小板からのセロトニンが出され、
一度脳の血管が収縮することになります。

 

その後、時間が経つにつれてセロトニンが分解される為、
減少していき一旦収縮した血管が広がるために頭痛が起きるのです。

 

過度のストレスから脳が刺激を受けてしまうとこの血小板から
セロトニンが大量に出されるため脳の血管が収縮すると言われています。

 

頭痛が長引けば更に刺激が刺激を呼んでしまうので
魔の悪循環に陥ってしまうのです。

 

悪循環になると、仕事中やプライベートの楽しい時間でも
偏頭痛が頻繁に起こるようになります。

 

皆が楽しんでいるのに、一人だけ偏頭痛がするのは本当にしんどいです。
頭痛の痛みは、他の方はあまり理解してくれないのです。

 

ですので、もし偏頭痛かな?と思ったら痛みが軽い段階で、
市販の頭痛薬は飲まずに、偏頭痛を予防するサプリなどを飲むとよいです。

 

偏頭痛に効果があるサプリはコチラ