生理前 偏頭痛 原因

生理前の偏頭痛の原因は?女性ホルモンとの関係とは

女性には片頭痛持ちが多いと言われていますが、起こる時期は生理前に頭痛が生じるという女性も多いのではないでしょうか。

 

生理前の頭痛と女性ホルモンとはどのような関係があり、どのようなメカニズムで起こるのでしょうか。

 

生理前の偏頭痛と女性ホルモンの関係性とは?

 

生理前に起こる頭痛は偏頭痛が多いのですが、女性ホルモンの増減に関連して生じます。

 

人それぞれ生理周期は異なりますが、ほとんどの方が生理になる1週間〜2週間前に現れる様々な症状が月経前症候群です。

 

これは生理前に起きる現象で、生理が始まるとその症状もだんだんと消えていくことが特徴です。
生理と深い関係がある女性ホルモンは2種類あり、卵胞ホルモンと黄体ホルモンに分けられます。

 

そのうちの卵胞ホルモンは頭痛と深く関わっているのです。

 

卵胞ホルモンと黄体ホルモンは、生理周期中に増減していきます。

 

頭痛が起きやすいのは卵胞ホルモンが大量に減るタイミングで起きるので排卵直後と生理直後に生じることが多いです。

 

このように卵胞ホルモンが減ると、セロトニンも一緒に減少するので脳内血管が広がり頭痛が起こるメカニズムとなっています。
生理前後に起こる頭痛の中にはズキズキと脈を打つような痛みが出る人が多いようです。

 

また、貧血でもないのに目の前がチカチカしたり、吐き気に苦しむ人もいます。
血管が広がり脈に呼応した痛みが出る頭痛は偏頭痛だと思ってください。

 

生理前の頭痛予防とは?

 

女性の方は生理が近づくと頭痛や吐き気に悩まされる方も多いのではないでしょうか?
生理前にここのような偏頭痛が起きた場合はどのように痛みを解消したら良いのでしょうか。

 

最初に手軽に行える方法としてカフェインの摂取をすることです。
カフェインは膨張した血管を縮ませる効果があるのでコーヒーや緑茶を飲むことで頭痛を和らげることが出来るかもしれません。

 

痛む場所を冷やすと頭痛が治まるので、痛みが出る部分を保冷剤や氷を使って冷やすことで、血管が収縮するので痛みを放散できます。

 

そして偏頭痛は静かな暗い部屋でゆっくり休憩することで症状が治まりやすくなります。

 

また、生理前に症状を緩和するために女性用のサプリも出ているので、それを飲むことで症状を抑えられるかもしれません。
偏頭痛を感じた時に食べ物で解消されるケースもあるので薬を頼る前に食事から栄養を摂取してみましょう。

 

それはマグネシウムをたっぷり含んだアーモンドや大豆類を摂ることです。

 

また卵やレバーには頭痛に良いビタミンB2が含まれるので、血行を促進する効果もあり偏頭痛の緩和に導いてくれるでしょう。

 

マグネシウムなどの自然の成分で偏頭痛を予防/対策するにはコチラへ