偏頭痛 原因

偏頭痛の原因と症状は?は?あなたの痛みはどこから?

偏頭痛の女性

 

偏頭痛の原因と症状をご存じですか?

 

偏頭痛持ちの方でも、意外と偏頭痛の原因を
詳しく知らなかったりします。

 

偏頭痛の原因をよく知って、偏頭痛が起きないよう
対策をして頂きたいです。

 

<偏頭痛の原因とは?>

 

偏頭痛は、急激な脳の血管の拡張が
引き金となって起こります。

 

脳の血管周辺には知覚や運動を司る神経・
三叉神経(さんさしんけい)があるんですね。

 

脳の血管が広がることで
三叉神経が刺激されて、炎症物質が発生します。

 

この炎症物質が更に血管を広げてしまい、
偏頭痛を発症させます。

 

心や体にかかっていたストレスが解放された際、
不意に脳の血管が広がることがあります。

 

なので、仕事から離れる週末等には
偏頭痛になりやすいんですね。

 

また、過睡眠や寝不足、女性ホルモンの変化等も
偏頭痛の要因となります。

 

さらに空腹や疲れ、光や音といった強い刺激も
偏頭痛を引き起こします。

 

 

偏頭痛が起こる直前に
肩こりを感じることがあります。

 

主な症状としては、こめかみから目の周辺で
心拍に合わせて痛みます。

 

必ずしも頭の片側だけに
痛みが生じるとは限らず、頭の両側が痛むことも。

 

また、頭の位置を変えると
痛みが増すことも特徴的です。

 

頭痛の他にも、吐き気や嘔吐等の他症状を
併発することがあります。

 

原因にもあった光や音、においや温度の変化等に
敏感になるのも症状の1つ。

 

1度片頭痛が起きると、
痛みが2〜3日ほど続き、1ヶ月に1〜2度起きます。

 

多い人では1週間で1回と、
定期的な頭痛に繰り返し悩まされます。

 

偏頭痛の予防法は?