頭痛薬 危険性

頭痛薬の危険性とは?あまり飲み過ぎると良くない理由

偏頭痛の方が、頭痛薬を飲み続けると危険なことをご存知でしょうか?

 

偏頭痛の方が頭痛薬を使い続けることで、
脳過敏性症候群」へとシフトする危険があります。

 

脳過敏症候群とは、頭痛の原因になる神経が過敏になってしまい、
頭痛が収まらなくなる症状です。

 

脳過敏症候群は、頭痛薬を沢山飲む方や、パソコンなどの
頭痛になりやすい環境が増えているため、増加傾向にある症候群です。

 

 

また、正しく使用しないと頭痛薬が逆に頭痛を誘発させ、
悪化する場合もあります。

 

偏頭痛の痛みを抑えるために頭痛薬を常時使用することで、
脳は痛みに敏感になります。

 

すると、今まで感じなかった痛みまで
感じるようになってきます。

 

この状態に陥ってしまうと、頭痛薬の効果が切れる度に
薬に頼ることになるため、薬物依存になるんですね。

 

こうした薬物依存型の頭痛を”薬物乱用頭痛”といって、
頭痛薬を使用するにあたり、注意が必要になります。

 

薬物乱用頭痛を防ぐためにも、頭痛薬の使用は月10回以内に
留めるようにしましょう。

 

また、偏頭痛の場合は痛み始めに服用しないと、
薬の効果が期待できません。

 

痛み出す前の服用や空腹時に服用するのは、
副作用の恐れがあるので、避けるようにしましょう。

 

市販の頭痛薬を選ぶ際は単一成分のものをチョイスし、
利用するようにしましょう。

 

無水カフェインの影響で、依存性が高くなることが分かっています。

 

なので、月に数回以上頭痛薬を使用する場合には、
無水カフェイン無配合の頭痛薬を用いましょう。

 

単一主成分の頭痛薬が効かなくなってきた時は、
専門医を受診しましょう。

 

受診できない場合は、複数成分配合の頭痛薬を
用いるのも方法の1つです。

 

しかし、複数成分の頭痛薬も効かなくなってきた場合には、
薬物乱用頭痛や脳過敏症候群の可能性が高まります。

 

そういった場合は、必ず専門医を受診してくださいね。

 

偏頭痛を改善した体験談はコチラ